せんば・心斎橋で布団一筋80年
布団・寝具・布団カバー販売、大阪・船場でふとん一筋80年の眠りの専門店
日の本寝具 メルマガ TEL:06-6251-1603
サイトマップお問い合わせ
日の本寝具ホームショッピング(布団 通販)ご注文方法など日の本.寝具店について婚礼布団は実店舗で布団の選び方など卸 布団 問屋リンク集
布団[ふとん]の日の本寝具HOME日の本寝具について

大阪府(大阪)の寝具店

日の本寝具は多数の繊維関連の問屋が軒を連ねる、大阪船場(せんば)にて三代に渡り商いをしております寝具店です。 専門店ならではの高品質、低価格を売りに、安いだけの粗悪な商品やお客さまのご希望に合わない高価な商品を勧めたりすることないよう心がけ、お客さまからの信頼を第一に営業しております。

日の本.寝具店、代表のごあいさつ
会社概要
スタッフ紹介
お客さまの声
お客さまのお便り
メディア掲載
浪速のあきんどの歴史
メールマガジン


実店舗のご案内へ

大阪府の寝具店・浪速のあきんどの歴史


●水の都・商売の聖地・大阪の歴史

今の大阪の繁栄のもとをたどると、豊臣秀吉の大阪築城に行き着きます。秀吉の引き立てを受けた淀屋常安(よどやじょうあん)、安井道頓(やすいどうとん)の二人の商人がキタとミナミの街を興し、大阪を水の都とするきっかけを作りました。そして、水の都は商人の町になっていくのです。船場(せんば)が衣料・寝具店の問屋街となったこともここに端を発しています。
水の都大阪 (拡大画像を見る)

●中之島が商売の発展を支えた(淀屋常安の巻)

今の大阪のビジネス街の中心に位置するのが、中之島という場所です。その中之島をひらいたのが淀屋常安という大坂商人です。 江戸時代初め常安は中之島の地に目をつけました。その当時の 中之島は、淀川下流の堂島川と土佐堀川とにはさまれた、葦の茂る 砂地でした。豊臣秀吉より「常安請地」として開拓を任された常安は、中之島が水運の利に恵まれているのに目をつけ、中の島を大阪の商業の中心にすれば大阪は大いに発展すると考えました。1619年にそこの整地が終わると、大名の蔵屋敷(諸 藩の産物を売りさばく役所)がつぎつぎに建てられていき、諸藩 が自国の物資を蔵屋敷で売りさばくようになったため、大阪の町は中之島を中心に開けていったのです。

●ミナミを作った男(安井道頓の巻)

大阪の歴史を語るうえで忘れてはならない人物が安井道頓です。安井道頓は、河内に生まれた土木家でした。 その才能を豊臣秀吉にかわれた彼は、大阪城築城工事を手伝い、多くの功績をあげました。その実績を評価され 道頓は城南の地の開拓を任せられることになります。そこを開拓するにはまず、水路を開いて商家を誘致するのがよいと考え た彼は私費を投じて、東横堀川と海とをつなぐ水路の開削に取り組みました。その事業が完成するとその当時の大阪城主・松平忠明は道頓の功績をたたえるために、その川を道頓堀川と名付けるように命じました。そして彼の没後、彼の従兄弟の安井道頓によって道頓堀川沿いに芝居小屋を設けたのをきっかけに、そこに芝居町や遊所が広まっていき、いまの繁華街に至りました。

●「キタ」と「ミナミ」の由来とは?

江戸時代の大阪の町は、中之島の南方に開けていきました。中之島の南の土佐堀川は東から西に流れており、 そこから南方に向かって、東横堀川、西横堀川の二本の水路が通じていました。さらに西横堀川から海の方向に 抜ける阿波堀、立売堀などのなん本かの運河が土佐堀川に平行して走っていました。そしてその南に、道頓堀川がありました。現在の大阪の市街地には、そのような水の都の面影はほとんど残されていません。船場には船の姿はありませんし、心斎橋にも水の上の橋はみられません。今や川や堀の大部分が姿を消しています。そして、鉄道や道路が 水路に代わる交通路になっています。中之島からその北方の堂島にかけての地域が大名相手の商取引の中心地でした。先に述べたように水路によって成り立っている大阪は当然それに応じて自然に町の形も決まっていきました。今は埋め立てられてしまっていますが、西横堀川の北端と南端を「キタ」と「ミナミ」と呼びはじめそれが名称となり今にいたります。しかし、今では元の意味は遠く忘れられ「キタ」、「ミナミ」の名称だけが残っています……

●問屋を生み出した町大阪

当時の日本は、国政は江戸、流通は大阪という2大都市によって万事が動いていたと思われます。 大阪で問屋制が成立したことは、大阪の町が日本の流通の中心になり、中央市場となり「天下の台所」と呼ばれたゆえんです。 そして、流通がさかんになるにつれて生産者と小売の行商や消費者を結ぶ接点として自然発生的に 「問屋」が生まれました。「問屋」は、生産者が効率よくいつでも商品を売ることができ、小売の行商人はいつでも全国各諸藩から集められた豊富な品揃えの中から商品を買うことができるという画期的なシステムでした。日本で最初の問屋は、1616年に油問屋を始めた加島屋三郎衛門だとされています。これ以降、商品の輸送・流通はおおむね問屋の主導のもとになされ、問屋から商品をしてもらう者だけが小売業を営むことになりました。江戸時代初めに大阪に問屋が生まれたことにより、日本の商業は急速に発展していったのです。そして、それ以来約350年~360年間にわたって、問屋による商品流通の支配が続きました。

●問屋の役割と存在理由

今、江戸時代に起こった流通革命と同じように急激な変化が私たちの生活に起こっています。スーパーに代表されるような、大量にメーカーから仕入れ大量に消費者へ安く販売するといった形態が主流になりつつあり、従来の問屋は衰退しつつあります。しかし、そもそも問屋は特化した商品を、多くの品揃えで扱い、しかも大量に仕入れることにより安く供給するといった今でもスーパー等には真似のできない実に効率の良いシステムなのです。商品の購入者はより多くの商品から選ぶことができ、しかも安く仕入れることができます。当、寝具店では時代に流されずにそういった問屋の良さを決してなくさずに、なおかつ新しいシステムはどんどん取り入れることによって大型スーパー・量販ではできない品揃え・価格・サービスを提供させていただけるよう日々努力していきたいと思います。

●ちょっと船場を散策してみませんか?

商都・大阪の南北をつなぐ御堂筋。キタ(梅田)とミナミ(難波)をつなぐ大動脈・御堂筋。毎年秋になればイチョウ並木が黄色に色づき、御堂筋パレードで多くの人で賑わう。クリスマス時期になると、イルミネーションがとても綺麗。昔は金融機関が本当に多い通りでしたが、今はお洒落なカフェや海外の有名ブランドのショップが軒を並べるようになりました。→
←御堂筋沿いにあるハードロックカフェ・大阪。 私、高谷も大の音楽好きですが、音楽、特にロック好きならば、だれでも知らぬ人はいないというくらい有名なロックバーです。海外のアーチストの実際使用していたギターやベース、衣装等も飾られています。著名な海外アーチストのサイン会等もよく行われていて、長蛇の列ができることも。食事はどれもボリューム満点。
大阪商工会議所の前身・大阪商法会議所跡。明治11年に旧薩摩藩・五代才助(友厚)らが中心となり関西経済の中心機関として日本の近代化に貢献しました。ちなみに五代才助(後に改名して友厚)は明治維新の大変動期に土佐の坂本竜馬ら海援隊と共に薩摩藩と長州藩の橋渡し役として大活躍いたしました。実務面で坂本竜馬らを助け明治維新に貢献した大人物なのです。→

←重要文化財の緒方洪庵宅跡(適塾) 緒方洪庵は1838年~1862年の25年間、大阪・船場(今橋)で蘭学の第一人者として多くの若手育成に尽力しました。福沢諭吉や大島圭介等、明治維新後日本の近代化を支えた多くの人物を輩出しました。

大阪俵物会所跡
江戸時代、貿易品として輸出されていた干しなまこ・干しあわび・乾燥ふかひれ等は俵詰にしていたことから俵物とよばれ、それらを集荷するために1744年に設けられた会所。俵物はその当時海外貿易の決済にも使用されていて重要な物でした。→
日の本寝具は古いものを生かし、新しいものも積極的に吸収しながら、大阪せんばの地から日本中、世界中のお客さまのより良い睡眠をお手伝いできる寝具店を目指しております。
■送料
税別 ¥10,000 以上 お買い上げ 無料*
税別 ¥10,000 未満 お買い上げ
600円*
*恐れいりますが、 北海道・ 沖縄 ・ 離島 へお届けの場合、上記送料に加えて、 600円の送料をいただきます。
(地域・商品のサイズによっては、追加送料を変更する場合がございます。)

■お支払い方法
(→詳細はこちら
・代金引換 (手数料無料、当社負担)
・銀行振込 (手数料お客様負担)
・クレジットカード

■このサイトの運営者
布団など寝具の専門店/
大阪せんばでふとん一筋創業80年、 眠りの心地よさを伝える日の本寝具株式会社

【住所】大阪府大阪市中央区久太郎町3-4-17
【TEL】06-6251-1603
【店舗運営責任者】高谷 和志
【加盟団体】大阪船場心斎橋筋共同組合
お客様へおことわり
実店舗とインターネットショップはサービス(送料等)や、展示商品が異なる場合がございます。ご了承下さい。

お支払い・送料などについての詳細
通販商品一覧

季節の寝具

打ち直し/リフォーム

布団

布団セット

毛布

敷きパット

ムートンシーツ

マットレス

カバー

ブランド寝具

オールシーズンタイプ

こたつ布団

座布団中身/クッション中身

ナイティー


婚礼布団・ブライダル寝具は実店舗大阪せんばの実店舗情報→
copyright©2004-2009 hinomotosingu All rights reserved. 布団[ふとん]・寝具の通販は日の本寝具